So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

このあたりで、一旦、筆を置きます [展覧会]

2018-08-17.jpg
「わたしの昼顔・Belle de jour」展の出品作2点、
一旦、このあたりで筆を置きます。
乾いたら額装です。

まだ、会期まで少しあるので、手を入れるかもしれませんが……。
後が詰まっているので、次の作品を進めないと。

「わたしの昼顔・Belle de jour」展には、この他に参考出品として、
清水真理さんの原型による解剖人形を展示させていただくかもしれません。

ネットの画像は、光ってしまったり、原画の深みが分かりません。
是非、原画をご覧いただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「鉛筆派XVIII+建石修志」展
会場:コート・ギャラリー国立
   国立市中1−8−32
会期:2018年8月30日(木)〜9月4日(火)
   11:00〜18:00(最終日は16:00まで)

トークイベント 天沼春樹+建石修志「原点の画材鉛筆の世界」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会場:ギャラリー オル・テール(京橋)
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(2) 
共通テーマ:アート

「わたしの昼顔」展DM [展覧会]

2018-08-10.jpg
「わたしの昼顔」展のDMが届きました♪
キュレーターをしてくださっている古川さんが、丁寧に梱包してお送りくださいました。
デザインは、私が担当させていただきました。
「昼顔」の画像をアウトライン化したものを、薄く背景に敷きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「鉛筆派XVIII+建石修志」展
会期:2018年8月30日(木)〜9月4日(火)
   11:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場:コート・ギャラリー国立
   国立市中1−8−32
トークイベント 天沼春樹+建石修志「原点の画材鉛筆の世界」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(0) 

豆本型ケース入り「蔵書票」試作完了! [展覧会]

2018-08-06.jpg
豆本型ケース入り「蔵書票」の試作が終わりました。
ようやっと、販売するのに納得できるレベルになりました。
「丸背」「本革のコーネル装」「花布付き」
というところがポイント高いと思います♪
中の蔵書票も、阿波紙という上質の和紙を使用しています。

試作をする間は楽しいのですが、
販売となると同じものを何個も作らないといけなくなります。
それが苦痛。

でも、かなり良い造りになったと思いますので、
ご希望があればワークショップも出来そうです♪
nice!(2) 
共通テーマ:アート

豆本型ケース入り「蔵書票」 [展覧会]

2018-08-03-01.jpg

9月の「蔵書票の宇宙 2018」展に出品することになっているのですが、
銅版画を辞めてしまったので、新作の蔵書票も銅版画も有りません;;

苦肉の策で、せめても 豆本型ケース入り「蔵書票」を作ることにしました。
試作を繰り返しているところなのですが、とても時間がかかります。

さてさて悩んでいるのは、少しでもお安く拘り過ぎないケースを作るか、
高くても良いので拘った造りのケースにするか……。

2018-08-03-02.jpg

現在できている試作品は、簡単な造りのモノでも、偽の丸背、花布、背は本革です。
凝った造りのモノは、それに加えて偽の背バンドと角の革付き。

中間の偽の丸背、花布、背と角は本革くらいに落ち着くかしら?

nice!(2) 
共通テーマ:アート

昨日は、「スチームパンク」展初日でした [展覧会]

2018-07-30.jpg
昨日は、「スチームパンク」展初日でした!
……と言いつつ、ドクロのキャンディーの画像。
北見教授からのお土産♪
分かっていらっしゃる!
味には期待していなかったのですが、意外に美味しい☆
旅行中、限られた時間に、贈る相手の嗜好を考えながらお土産を気にかけるのは、
なかなか難儀だということが分かっているので更に有難いです。

そして、「スチームパンク」展初日。
新作は、お陰様でお迎えが決まりました。
事前にアップした画像で気にかけてくださって、
早めに見に来てくださったようで本当に有難いです!
見納めになりますので、よろしければお越しくださいませ。

ギャラリーでもオーナーの小原さん、篠塚はるみさん、
ほしのさきさん、Unberataさんと一緒に話込みましたが、
話は尽きず、夕食もご一緒に。

私一人だったら、ほとんど初対面のかたとお話することもできませんが、
篠塚さんが触媒のように化学反応を起こしてくださって、
初対面の作家さんお二人を交えて4人で焼き肉♪
焼肉屋さん、久しぶりに行って美味しかった!
(昔、実家に住んでいた頃には、よく近所の焼肉屋さんに行ったものです)

4人の共通項は「混合技法」。
もともと様々な糸で繋がっていた作家さん同士です。

篠塚さんの今回の出品作は、最後の2日間はほとんど徹夜で仕上げたもの。
「スチームパンク」の世界観に出会った篠塚さんの新作……凄いです……。

混合技法講座の手伝いをしていてすごく勉強になるのは、
実は自分の絵のこともありますが、
他のかたの絵に建石先生が手を入れていらっしゃるのを見学すること。
そして、篠塚さんが毎回、実験的で大胆な試みをされるのを見学すること。
自分ひとりの想像力・創造力などは、たかが知れています。
そのためにも、視野は広く持ち、いろいろなことに興味を持ち、
いろいろな作家さんを知ることが、自分に戻ってくると感じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「スチームパンク」展
会期:2018年7月29日(日)〜8月5日(日)
   12:00〜20:00(水曜日は休廊です)
会場:ドラードギャラリー(早稲田)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「鉛筆派XVIII+建石修志」展
会期:2018年8月30日(木)〜9月4日(火)
   11:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場:コート・ギャラリー国立
   国立市中1−8−32
トークイベント 天沼春樹+建石修志「原点の画材鉛筆の世界」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(1) 
共通テーマ:アート

「スチームパンク展」出品作とか…… [展覧会]

2018-07-27.jpg
思っていたより搬入日が早かったので、
「スチームパンク展」出品作を急いで仕上げました。

そして、「昼顔」展の作品も少しずつ。

今年の夏休みは、勤務も多そう。
絵も描き、書籍データを2冊作り、10月までやることビッシリ。
nice!(2) 
共通テーマ:アート

月刊「アートコレクターズ」に「スチームパンク展」情報掲載 [展覧会]

2018-07-26-01.jpg
月刊「アートコレクターズ」に、「スチームパンク展」の情報掲載していただきました。
掲載作品は、ずいぶん前に描いたものですが、
「少女工房展」というグループ展のメイン作品で、力を入れて描いた作品です。
ドラードギャラリー(早稲田)さんに、常設展示していただいていた作品です。

今回は、「少女工房」の他に、新作(小さいものですが)1点を展示させていただきます。

2018-07-26-02.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「スチームパンク」展
会期:2018年7月29日(日)〜8月5日(日)
   12:00〜20:00(水曜日は休廊です)
会場:ドラードギャラリー(早稲田)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「鉛筆派XVIII+建石修志」展
会期:2018年8月30日(木)〜9月4日(火)
   11:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場:コート・ギャラリー国立
   国立市中1−8−32
トークイベント 天沼春樹+建石修志「原点の画材鉛筆の世界」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(0) 
共通テーマ:アート

「天然絵画vs.養殖絵画」展 [展覧会]

2018-07-25.jpg
混合技法講座の受講生でもある黒川晄さんが出品されている
「天然絵画vs.養殖絵画」に行ってまいりました。

副題が「眼で見て描いた絵、写真を見て描いた絵」ということで、
キャプションにはパーセンテージで「眼で見て描いた割合」と
「写真を見て描いた割合」が表示されていました。

とても面白い試みでした。
どちらが良いということではありませんが、
写真が無かった時代は100%「天然絵画」ということでしょうか。

私は100%「養殖絵画」です。
ただ、空想で描いている部分もあるので、
「100%養殖」とも言い難いかもしれません。

nice!(1) 
共通テーマ:アート

「夏の夜の夢」展、「足立絵美展」、「かわうそ新人賞 夏の同窓会展」へ [展覧会]

2018-07-19.jpg
一昨日と昨日で、3箇所の展覧会を回りました。
「夏の夜の夢」展は、卒業生が参加するグループ展。
「足立絵美展」は、その名の通り足立絵美さんの個展。
「かわうそ新人賞 夏の同窓会展」は、
混合技法講座に通われている七尾尚子さんが参加するグループ展。

「夏の夜の夢」展では、卒業生の若々しい絵を見ることができました。
大学を卒業してしまうと、手慰み以上の絵を描き続けることが難しくなります。
そんな中、しっかりと絵を描き続ける卒業生が居ることが楽しみです。

足立絵美さんの個展、やはりハッチングの美しさは右に出る者が居ません!
若い作家の「日本画」は、旧態依然とした表現を捨て去って潔い。
パンタンも、自然素材のパーツと自作の粘土のパーツが、
完璧な調和で合わせられていました。

「かわうそ新人賞 夏の同窓会展」の七尾さんの作品。
デカルコマニーがかなり立体的で、衝撃!
混合技法の講座に通われているかたはプロの作家さんが多く、
毎回、勉強をさせていただいています。
プロになればなるほど、勉強や試行錯誤、手間を厭いません。
むしろ、楽しみながら苦労して絵を描いている感じ。

さて、まだ銀座に出たついでに回ろうと思っていた展示もありますが、
この暑さ。
2日で3箇所が精一杯。
私自身の個展の時期も、そろそろ決めないと……と思うのですが、
大学が休みの夏休み中は暑いだろうなぁ。
春休みは意外に慌ただしく、いつが良いのでしょう……。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

描いてますよ [展覧会]

2018-07-12.jpg
引き続き「わたしの昼顔」展用のタブロー、描いています。
白色浮き出しが終わり、固有色を載せるときには、いつも緊張します。
そろそろ大きな絵を描きたいのですが、なかなか時間がとれません。
nice!(2) 
共通テーマ:アート