So-net無料ブログ作成

ボッティッチェルリに急接近!!! [旅行]

2019-03-28-01.JPG
イタリアの美術館で、本当に嬉しいのは、
憧れの絵画を、ものすごく近くで見られることです。
ウフィッツィ美術館のボッティッチェルリ「ヴィーナスの誕生」。

2019-03-28-02.JPG
この角度!
どれだけ近いか分かると思います。

画集などで見たことのある作品が、ほんの近くにある感動!!!

ボッティッチェルリの作品は、流石に、アクリルガラスで覆われていましたが、
ほとんどの作品は、額にガラスも入らない状態です。
柵さえ、ほとんど有りません。

勿論、あまりに近づき過ぎれば、警告音が鳴って恥ずかしい思いをしますが……。

2019-03-28-03.JPG
そして、美術館は、目が見える人だけのものではありませんでした。
このキャプションボードは、透明の樹脂に点字を打ったものをかぶせてあります。

ウフィッツィ美術館では、視覚障害の方たちが薄いゴム手袋をして彫刻に触れていました。
名画の複製レリーフもあり、それに触れる事もできます。


それにしても、4月から公文書での国名表記から「ヴ」の表記が消えるそうですが……。
「国名」なので、ヴィーナスもヴェネツィアも関係ないのですが、
「ビーナス」「ベネチア」なんて言われたら、情緒が無くなる気がします。

nice!(1) 
共通テーマ:アート

初めてのオッソブーコ! [旅行]

2019-03-27-01.JPG
日本は胃袋が小さく、食が細いので、ちゃんとしたレストランに入って、
そこそこの量を食べる勇気が、なかなか出ません。

昼食は、ジェラート程度を食べるだけにして、
フィレンツェの最後の夕食は、ちゃんとしたレストランで……。

ただのポモドーロだけど、美味しい。

2019-03-27-02.jpg
そして、初めてのオッソブーコ!
「肉は骨周りが美味しい」というけれど、本当に美味しかったです♪

「オッソブーコ」というのは「骨の穴」ということでだそうで、
食べ終わると、三角形の骨に髄の穴が丸く残ります。
食べ終わった写真を撮っていなくて残念!

あまりに美味しかったので、日本に帰ってから、
東京でオッソブーコを出す店を検索してしまいました。


ヴェネツィアは旅行客が多いからか、
簡単にパスタ程度を食べることができる店が多いようです。
そういう店で、イカスミパスタなどを食べたりしていましたが、
ヴェネツィア最後の夕食は、ちゃんとしたレストランに。

2019-03-27-03.jpg
「チケット」と呼ばれるベネチア名物の料理を頼んだら、流石、海産物が沢山!
イカの白子が美味しかった!

2019-03-27-04.jpg
そして、前回、ローマで食べそびれたカルボナーラ。
何故かヴェネツィアでリベンジ。
アルデンテで美味しい♪

2019-03-27-05.jpg
フリットミスト、揚げ具合が絶妙!!!

そして、ヴェネツィアは、お店のフロアの接客がすごいんです。
お店のお客さんたちは多国籍。
簡単な日本語、フランス語、英語で接客……プロだなぁ……と関心。
多分、中国語もできるんだろうなぁ。

最後には「お客様は神様です」で送り出すサービス(笑)。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

サンタ・マリア・ノヴェッラでティータイム [旅行]

2019-03-25-01.jpg
フィレンツェ2日目は、前日の東京からフィレンツェへの大移動で疲れてしまったので、
アカデミア美術館のほかは、ZECCHIとサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局での買い物のみ。
上の画像は、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局は、
「天然のハーブを用い、自然治癒や予防医学という思想をもとにした、
フィレンツェで800 年の歴史を誇る世界最古の薬局」だそうで、
フィレンツェに行くと、必ず立ち寄ります。

サンタ・マリア・ノヴェッラとの初めての出会いは、姉から貰ったローズの石鹸。
とにかく香りが良く、それも自然な香りがします。
東京にも店舗がありますが、無茶苦茶お高い!!!
フィレンツェでもお高いのですが、東京で買うよりは……。

2019-03-25-02.jpg
年齢のせいか、だんだんと無理が効かなくなって来たので、
今回は、ゆったり無理をしないようにしました。

そこで、初めて、サンタ・マリア・ノヴェッラのティールームでお茶。
イタリアといえばコーヒーが美味しいのですが、
薬局なので、ハーブティーにしました。

2019-03-25-03.jpg

他の部屋の内装もすごく素敵なので、ご興味あるかたは、
是非、画像検索を!!!




nice!(2) 
共通テーマ:アート

ヴェネツィア自然史博物館 [旅行]

2019-03-22-01.jpg
観光客は、あまり行かないと思いますが、「驚異の部屋」の展示があるという情報を得て、
ヴェネツィア自然史博物館にも足を延ばしました。

ヴェネツィア観光のために、「ベニスカード」というヴェネツィアの水上バスや、
美術館や博物館などの入場チケットのパスがあります。
ここも、そのカードで入れました。

2019-03-22-02.jpg
度肝を抜かれたのは、象の頭の剥製の壁掛け!
ものすごく大きい!!!
実際の象を見たことのある私でも驚くのですから、
象を見たことのない昔の人が、どれほど驚いたか想像に難くありません。

2019-03-22-03.jpg
涙をさそう感じだったのが、ゴリラの剥製。
上野動物園などで見て、ゴリラに親近感を持っているためか、
何やら剥製にされたゴリラは哀しい……。

2019-03-22-04.jpg
見惚れたのは、白いものばかりを集めた展示。
神々しい……。

2019-03-22-05.jpg
人魚の剥製までありました(笑)。
これ、日本製かなぁ?
江戸時代には、日本製のこうした剥製が、かなり輸出されていたようですので。

画像はあげませんが、マニアの多い(?)干し首も。
nice!(3) 
共通テーマ:アート

ダビデちゃん♪ [旅行]

2019-03-21-01.JPG
フィレンツェ2日目。
「2日目」と言っても、「1日目」はずっと飛行機で、
深夜0時頃にホテルに着いたので、ほぼイタリア1日目。

前回フィレンツェに行った時には、アカデミア美術館に行かなかったので、
何年ぶりでしょうか……。

アカデミア美術館は、ほぼ「ダビデ像」のために美術館と言っていいのでは?
2019-03-21-02.JPG
前からのダビデはよく見ると思いますが、
2019-03-21-03.JPG
後ろ姿のダビデは、現地に行かないと、なかなか見ることが出来ません。

2019-03-21-04.JPG
ダビデは、勿論、素晴らしいのですが、
なんだか感激してしまったのが「石膏像室」。
2019-03-21-05.JPG
清々しいばかりに石膏像が並んでいました。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

シモーネ・マルティーニの!!! [旅行]

2019-03-18.JPG
大学の行事の合間を縫って、イタリアに行って来ました。

フィレンツェ三日目、丁度、フィレンツェの美術館が無料になる一週間だったので、
混雑して入れないかと思っていましたが、意外にスンナリ。
ウフィッツィ美術館に入ると、いきなりのシモーネ・マルティーニ!!!
「受胎告知と聖アンサヌス、聖女」!!!!

古典技法を学ぶ者にとっては、一度は見ておきたい作品。
2001年に修復されたそうで、本当に、今、描いたように神々しく美しい。

天使の口からは、聖母に祝福の言葉が溢れ出しています。
これ、なかなか「マンガ的な表現」ですね(笑)。

古典絵画の金使いは、本当に大好きです。
薄暗い教会の中で、他の部分は暗く沈んでしまっても、
金の部分だけは、その中で美しく光ります。
小さい絵を描いたら、少し、金箔を使ってみようか……という気持ちになります。

イタリアの美術館は、フラッシュさえたかなければ写真OKな場合が多く、
また、ほとんどの作品がガラスなどで覆われる事なく、
ほんの近くで見ることができる……という贅沢さ!

nice!(1) 
共通テーマ:アート

波照間島に行って来ました [旅行]

「人形と絵の『春』展」、無事に終了いたしました。
大勢のかたにご覧いただきまして、本当に有難うございました。

2018-04-03-01.JPG
さてさて、勤務に少し余裕があった3月の末、
有人島としては日本最南端の島、波照間島に行って来ました。
2018-04-03-02.JPG
とにかく水が透明!
あまりに水がキレイなので、波頭がほとんど白くなりません。

「何も無い島」で「何もすることが無い」ので、
時間を持て余すのでは……と心配していましたが、
結果、時間が足りなくなりました。
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

川越氷川神社 [旅行]

2017-09-07-01.JPG
先日の川越、知らずに行ったのですが、
氷川神社では「縁結び風鈴」という催しが10日まで開催中だったようです。

「インスタバエ」って言うのでしょうか?
若い女性、男性が、浴衣姿で風鈴を前に自撮りしている様子が多く見られました。

2017-09-07-03.JPG
「一年安鯛みくじ」ということで、鯛の器におみくじが入ったものを、
自分で釣り上げるという趣向。

2017-09-07-02.JPG
氷川神社内にある「結びcafe」。
こちらも、風鈴の形の器を使ったわらび餅などもあります。
氷川神社の経営だと思うのですが、なかなかの商売上手です。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

小江戸へ [旅行]

2017-09-05-01.JPG
このところ旅行に行っていなかったので、
無性にお出かけしたくなり、小江戸 川越へ。
レッドアロー号に乗れば、新宿から1時間もせずに川越に到着。
2017-09-05-02.JPG
蔵造りの町並みも良いのですが、大正ロマン好きな私としては、
大正浪漫夢通りも♪
「植木等とのぼせもん」の撮影にも使われたようです。
(「植木等とのぼせもん」では、山本耕史が植木等さんの声をそっくりに真似していてビックリ!)
2017-09-05-03.JPG
夕食は、名物うなぎ☆
久し振りのうなぎ、美味しかったです♪

川越の祭りと言えば、山車が有名なようですが、
元々、この山車は江戸の祭りから影響を受けたそうです。

明治維新以後に新政府によって山車が解体されたり、
電線の敷設によって曳行できなくなり、
東京の祭りは神輿が主役になったそうです。
東京の街を山車が練り歩くところを想像すると、
何やら不思議な気がします。

闇が真の闇であった時代、
花火や祭りがどれほど心踊らせるものであったか、
想像するとなんとも不思議なノスタルジーを感じます。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

初めてのろくろ [旅行]

2017-03-24-01.JPG
母を連れて、箱根へ旅行。
もう、こんな機会もあまり無いかもしれないので、かなり贅沢に。
一泊目は、芦ノ湖を一望するホテル。
初日は雨だったのですが、2日目の朝、本当に気持ちよく晴れました♪
富士山も、ちょこっと頭を出しています。
2017-03-24-02.JPG
2泊目は、露天風呂付きの部屋。
2017-03-24-03.JPG
気持ちよくて、3回も足湯しました。
岩盤浴も初めて。
2017-03-24-04.JPG
3日目が、自分的にはハイライト☆
初めての電動ろくろ体験。
勿論、難しくて肝心なところは先生がやってくださったのでしょうけれど、
意外なほどに簡単に造形出来ました♪
キモは、中心をずらさないこと。
集中力が途切れると、粘土がゆらゆらとブレて来ます。
慌てて集中。

2個の湯呑みと1個の平鉢、そして、手びねりの魚皿。
2時間で4つ作りました。
2時間のコースでしたが、夢中になれました。
もう2時間でも出来ました。
白土に白い釉薬を指定。
2ヶ月後には焼きあがって来る予定です。

ちょっと嵌りそうで、都内で陶芸が出来る教室を検索しました。
近場で、学生も連れて遠足で体験できそうなところもありましたが、やはり関門は予算。
みんな、お金ないから……。


nice!(0) 
共通テーマ:アート