So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年08月| 2018年09月 |- ブログトップ
前の15件 | -

「蔵書票の宇宙」展最終日、Oazoの「第13回 人・形展」 [展覧会]

2018-09-18.jpg
昨日は、もうすぐ終了のOazoの「第13回 人・形展」に、急いで行ってまいりました。
「本気で人形を造っている作家さんにはかないません!もう人形には手を出しません!」
と思いつつ……。
なんだかいつにもまして、本当に、会場ぎっしりの力作。
後ろ髪を引かれるように、「蔵書票の宇宙」展の搬出へ。

色々と、展示を周る機会が多く、どれだけの作家さんが絵を描いていて、
毎年、どれだけの新人さんが出てくるのか……と、
目眩がしそうな事を考えると、その中で、
私の絵を知ってくださって、私の絵を気に入ってくださって、
更に買っていただくということが、どれほど凄いことかと思うのです。

ものすごく強大な何かに立ち向かっているような気がします。
そして、あと何年絵を描けるのだろうか、あと何枚絵を描けるのだろうか、
どこまで登って行くことができるのだとうか……と不安に襲われたりもします。

ただ、不思議と「もっと進歩できる」「もっと良い絵が描けるようになる」
という確信だけは持っています。

今回も、お忙しいなか時間を割いて展示にお越しいただいた方々、
企画して下さった方々、ギャラリーの方に、
そして、いらっしゃれないまでも気にかけてくださった方々に感謝しております。
nice!(2) 

2回目の不透明色 [展覧会]

2018-09-17.jpg
1回目の透明色をかけた後、2回目の不透明色で描いています。
あと10日ほどで仕上げないと、搬入までに乾かず……死にます。
不透明色が乾いたら、2回目の透明色をかけ、また不透明色で加筆。
多分、それだけでは絵にならない。もう少し描き込まないと。
乾燥の時間を入れると、どう考えても間に合わない?!
赤系の色は、乾きにくいしなぁ;;
いや!絶対に仕上げないといけません!

展示のご案内、もうすぐできるはずです。


さてさて、本日、「蔵書票の宇宙 2018」展の最終日。
17:00までですので、どうぞお越しくださいませ。
「豆本型ケース入蔵書票」は、申し訳ございませんが、完売しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」展
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「人形と絵の出会い」展
会場:Gallery ARK
   横浜市中区吉浜町2−4 AXIS元町1F
会期:2018年10月11日(木)〜10月20日(土) 日曜休廊
   11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
出展作家:雲母りほ、黒木こずゑ、柘榴、篠塚はるみ、高田美苗
中川乃布子、長谷川友美、松田珠江、森下ことり(50音順)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(1) 

ラバルムさんから天使 ♪ [雑感]

2018-09-15-01.jpg2018-09-15-02.jpg
ラバルムさんにお願いしてあった「天使」が届きました♪
https://labarum.ocnk.net
思ったとおり、可愛い〜☆

そして、「豪華すぎるオマケ」で有名な「オマケ」のメダイ!!!
表(?)は、すっごく繊細な彫りの聖母子像、裏(?)は「聖なる心臓」を指差すキリストの像。
こんなにキレイに彫りが残っているメダイって、珍しいのでは?!
凄いよ〜、キレイだよ〜!
有難うございます〜!

nice!(1) 

新作に手を出しました [混合技法]

2018-09-14.jpg
「先にやらなきゃいけない事があるんだけど……」と思いつつ、
新作のタブローに手を出してしまいました。
これは、来年2月の展示に出品できるかな?
でも、本当に、他に先にやらないといけない事が……;;

まぁ、夏休みが終わる前の小学生みたいなものですね。
宿題やらないといけないけれど、少しゲームで遊びたい。

このところ、後期の授業などに向けてのプリント作りや、
デジタルの作業が多かったので、多めに見てあげよう!自分。

白色浮き出し(カマイユ)を始めたところ。
絵具を持ち歩きたいので、コンタクトレンズのケースに入れたところ、
意外に具合が良く、家で描くときもずっと利用しています。
青い蓋のほうには、濃い茶色を入れて。
便利、便利!!!


さて、いよいよ「わたしの昼顔・Belle de jour」展は、
今日と明日で終わりです。
最終日は5時までですので、どうぞお早めにお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会場:ギャラリー オル・テール(京橋)
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」展
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「人形と絵の出会い」展
会場:Gallery ARK
   横浜市中区吉浜町2−4 AXIS元町1F
会期:2018年10月11日(木)〜10月20日(土) 日曜休廊
   11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
出展作家:雲母りほ、黒木こずゑ、柘榴、篠塚はるみ、高田美苗
中川乃布子、長谷川友美、松田珠江、森下ことり(50音順)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

nice!(1) 

蔵書票の使い方 [展覧会]

2018-09-13.jpg
一昨日、愛書家のかたから、「私が依頼した5名の製本家」という小冊子をいただきました。
あまりに本が好きすぎて、ご自身が版元になって本を出版までされているかたです。

以前、私が銅版画をしている時には、蔵書票を創らせていただきました。
そのミニチュアを差し上げたのですが、今回の冊子の見返しにチョコンと貼ってあります♪

「蔵書票」については、ご存じないかたもいらっしゃると思います。
本って、何故か、貸すとなかなか却って来ませんよね。
「この本は、私の本です」という目印のようなもので、見返しに貼るものです。
世界で最初の蔵書票は、ハリネズミの絵柄で、
「返さないとチクッと行くぞ!」的な意味があったかと思います。

「蔵書票」の愛好家は、ご自分の名前の入った版画を版画家に注文し、
実際に本に貼るだけでなく、コレクションしたり、
コレクター同士で交換したりして楽しみます。

今回、「蔵書票の宇宙 2018」展に出品した「豆本型ケース入り蔵書票」は、
お陰様で好評のようで、残りが4つになりました。

「私の絵柄のジークレーなど売れないだろう」と思っていましたが、
こちらも、残り1点になりました。

どちらも、今の所、刷り増しはしない予定です。
「誰が鈴をつけるのか?」という猫少女の絵柄は人気のようで、
複数、ご希望があったようですが、申し訳ございません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会場:ギャラリー オル・テール(京橋)
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」展
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「人形と絵の出会い」展
会場:Gallery ARK
   横浜市中区吉浜町2−4 AXIS元町1F
会期:2018年10月11日(木)〜10月20日(土) 日曜休廊
   11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
出展作家:雲母りほ、黒木こずゑ、柘榴、篠塚はるみ、高田美苗
中川乃布子、長谷川友美、松田珠江、森下ことり(50音順)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(1) 

昨日「蔵書票の宇宙」展初日でした [展覧会]

2018-09-12-01.JPG
2018-09-12-02.JPG
昨日は、「蔵書票の宇宙 2018」展初日でした。
ギャラリーの名前「メゾンド ネコ」にちなんで、
江副章之介さんの猫の絵柄の蔵書票コレクションがあったり、
もう、壁面いっぱいの盛りだくさんの展示でした!

私の出品作の豆本型ケース入り蔵書票も、
初日にして、既に半分くらいお求めいただいたようです。
とても手間がかかるため増産できませんので、
ご入用のかたは、お早めにお求めいただいたほうが良さそうです。
「誰が鈴をつけるのか?」の絵の蔵書票は、完売いたしました。

蔵書票の絵柄になったジークレーも、半分、お迎えいただきました。
印刷所でお願いした「250年の耐光性」があるプリントです。
今回の展示限定になると思いますので、よろしければお求めくださいませ。

2018-09-12-03.JPG


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会場:ギャラリー オル・テール(京橋)
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」展
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「人形と絵の出会い」展
会場:Gallery ARK
   横浜市中区吉浜町2−4 AXIS元町1F
会期:2018年10月11日(木)〜10月20日(土) 日曜休廊
   11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
出展作家:雲母りほ、黒木こずゑ、柘榴、篠塚はるみ、高田美苗
中川乃布子、長谷川友美、松田珠江、森下ことり(50音順)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(2) 

本日より「蔵書票の宇宙 2018」展です [展覧会]

2018-08-23.jpg
本日、「蔵書票の宇宙 2018」展初日です。
すみません!「銅版画蔵書票」の展示となっておりますが、
銅版画を辞めて久しいので、豆本型ケース入り蔵書票と、
蔵書票に使用した絵柄のジークレーの展示販売になっております。

今回の会場の「メゾンド・ネコ」さんと「オルテール」さんは、
徒歩1〜2分の距離にあります。
2箇所を回っていただけるようでしたら、
今週末、14日、15日にお越しいただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会場:ギャラリー オル・テール(京橋)
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」展
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「人形と絵の出会い」展
会場:Gallery ARK
   横浜市中区吉浜町2−4 AXIS元町1F
会期:2018年10月11日(木)〜10月20日(土) 日曜休廊
   11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
出展作家:雲母りほ、黒木こずゑ、柘榴、篠塚はるみ、高田美苗
中川乃布子、長谷川友美、松田珠江、森下ことり(50音順)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(1) 

鉛筆の選び方、鉛筆画のコツ [鉛筆画]

2018-09-10-01.jpg
先日の、鉛筆派の展示でのトークショーで、
建石修志先生が、いろいろな鉛筆を持って来てくださいました。

東京芸大でも、浪人組は「ステッドラー」の鉛筆を使うとか。
現役組は「ユニ」とか「ハイユニ」?

建石先生が持って来てくださった鉛筆で試し書き。
おぉ!!!ステッドラーの10Bで描くと……漆黒!!!
鉛筆って、どうしても鉛筆特有のテカリがあるのですが、
ステッドラーは反射せず、光を吸収します。
画面ではわかりにくいと思いますが、実際に見てみると歴然としています。

その他、「筆のような書き心地」の「筆鉛筆」とか。
「筆鉛筆」は埼玉限定発売だそうですが、
その場で姉がネットで注文して、私に分けてくれました。
(いやはや姉の行動力たるや!!!)

私も、帰り道に最寄りの画材店に行って、
ステッドラーの10Bを買おうと思いましたが、
7Bまでしか売っていませんでした;;

2018-09-10-02.jpg
そして、疑問に思っていた「髪の毛のハイライト」というか「細い白い線」。
どうやって描くのか、尊敬する画家さんである篠塚はるみさんに伺ったところ、
「硬い鉛筆で描いた上に濃い鉛筆で描くと、
硬い鉛筆のところは白くなる」とのこと。
目からうろこ!!!

他にも、紙の目どころか、鉛筆の線さえ分からない
描き方の作家さんもいらっしゃいました。
絵の前には、技法を知ろうと人だかり。
「紙の目や鉛筆の線の間を点描でつぶしていく」とのこと。
いやはや……。

凄い人は、教えることに出し惜しみしません。
教えていただいても、並の根性じゃ真似できませんけれど。



nice!(2) 

新作を描き始めました [混合技法]

2018-09-09-01.jpg
新作を描き始めました。
できれば、12月か来年2月のグループ展でお披露目できれば……。

早く、画集と個展の準備をしたいのですが、
なかなか時間がとれません。
個展の時期を先に決めてしまったほうが良いのか……とも思うのですが、
いいかげんな展示にしたくないという思いもあり、複雑です。
nice!(3) 

額縁を買いに [展覧会]

2018-09-08.jpg
混合技法講座の教室展の課題作用の額縁を、
一足先に必要になったので、初めてアトモスフィア(額縁屋)さんへ。
古典技法で創られた美しい上品な額たちが壁に並んでいます。

端材でつくられた小さな額縁たちも豊富。
折角なので、小さいだけでなく、細長〜い額を買いました♪
どんな絵を描いたら良いのでしょう?

以前から欲しかったフローズンシャーロットも有ったので、
釉薬のかかっていない小さなものを購入。
釉薬がかかっていないほうが「フローズン」っていう感じがしませんか?

さて、「わたしの昼顔」展も中盤。
今日、夕方に顔を出せれば良いのですが……。
なかなか予定が立ちません。
nice!(1) 

いつも小さな祈りのように……。 [展覧会]

2018-09-07.jpg
固有色を載せました。

白色浮き出しが終わり、固有色を載せる段階でいつも不安に襲われます。
「うまくいくのだろうか?」と、いつも思うのです。
やってみれば、どうにかうまくいきそうな気持ちになって、救われます。

さて、“今世紀最強”と言われた台風21号の被害も収まらぬ中、
北海道で起きた北海道胆振東部地震。

被災された方には、心からお見舞い申し上げます。
また、亡くなられた方、お悔やみ申し上げます。

いつも「絵描きは無力」だと、こんな時には思います。
「絵は救いになる」「絵を買ってもらって経済をまわす意義がある」
と言っていただけることもあり、有り難く感じます。

私は、以前から「祈るように絵を描こう」と思いつつ絵を描いています。
一人ひとりの力など、たいしたものでは有りませんが、
皆が、世界が良い方向に向かうこと、
地球上の生き物が幸せになる方向を考えながら、
できる範囲で行動することができれば、
少しずつ良くなっていくのでは……と思います。
nice!(2) 

「人形と絵の出会い展」DM [展覧会]

2018-09-06.jpg
「人形と絵の出会い展」DMが届きました。
素晴らしい作家さんにまじっての展示です。

10月が終われば、少し、余裕が出来そうです。

「鉛筆派XVIII+建石修志」展は、天候不順にもかかわらず、
大勢のお客様にお越しいただきまして有難うございました!

「わたしの昼顔・Belle de jour」展は、またこの週末、開廊です。
どうぞお越しくださいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会場:ギャラリー オル・テール(京橋)
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「人形と絵の出会い」展
会場:Gallery ARK
   横浜市中区吉浜町2−4 AXIS元町1F
会期:2018年10月11日(木)〜10月20日(土) 日曜休廊
   11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
出展作家:雲母りほ、黒木こずゑ、柘榴、篠塚はるみ、高田美苗
中川乃布子、長谷川友美、松田珠江、森下ことり(50音順)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(0) 

無縁墓 [雑感]

2018-09-05-01.jpg
何度も何度も、前を通っていたはずなのに、
先日、初めて気が付きました。

無縁仏の供養塔です。

2018-09-05-02.jpg
近づいて、よーく見ると、
古い墓石を利用して供養塔が作られていました。
土地には限りがありますし、仕方ないのですが、
ちょっと、ブルッと来ました!

裏手のほうには、名前がハッキリ読み取れる、
それほど古くない墓石も積んでありました。

そういえば、ミラノの墓地に行った時にも、
お墓の天使の彫刻が引き倒されていたり、ちょっと残念な気がしました。

死んだ者は、直接知る者が居なくなれば、
いつか忘れられるのですから、仕方ないですね。
でないと、地球中、お墓だらけです。

nice!(1) 

薔薇と金木犀とバタフライピー [雑感]

2018-09-04-01.JPG
朝食にヨーグルトを食べることが多いのです。
このところ、別々のかたからローズジャムと金木犀のジャムをいただきました。
ローズジャムは香り高く、薄いピンクが可愛い♪
金木犀のジャムは、まるで小さな金魚が泳いでいるようで、
見ていて愛おしくなります。

2018-09-04-02.JPG
そして、この頃、注目していたのが「バタフライピー」。
よく「青い色は食欲減退の色」と言いますが、私は青い飲み物が大好き!
南国の海のイメージ。
以前は、青いハーブティーと言えば「ブルーマロウ」でしたが、
それより青が際立っています。
今回のペット飲料は、レモンも入っているので少し紫っぽくなっていて残念。

青い色の正体はアントシアニンだそうです。
nice!(1) 

「鉛筆派」展トークイベント [展覧会]

2018-09-03-01.jpg
国立のコートギャラリーで開催中の「鉛筆派」、
建石修志先生と、天沼春樹先生のトークイベントに行ってまいりました。
2018-09-03-02.JPG
1時間半のトークイベント、とても勉強になりました。
なんだか、鉛筆を画材とする作家の大きなうねりも期待できそう♪
2018-09-03-03.jpg
建石先生の作品は、大きく、見応えあります!

2018-09-03-04.JPG
共通課題
2018-09-03-05.jpg
自由作品

「鉛筆派」の展示は、火曜日までです。

「わたしの昼顔」展は、月曜日から木曜日まではお休み、
金、土、日と開催です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「鉛筆派XVIII+建石修志」展
会場:コート・ギャラリー国立
   国立市中1−8−32
会期:2018年8月30日(木)〜9月4日(火)
   11:00〜18:00(最終日は16:00まで)

トークイベント 9月2日(日)13:30より 天沼春樹+建石修志「原点の画材鉛筆の世界」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わたしの昼顔・Belle de jour」展
会場:ギャラリー オル・テール(京橋)
会期:2018年9月1日(土)、2日(日)、7日(金)、8日(土)
   9日(日)、14日(金)、15(土) ※全7日間
   12:00〜19:00(最終日17:00まで)
出展作家:井関周、須川まきこ、高田美苗、七菜乃、根橋洋一、呪みちる、古川沙織
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「蔵書票の宇宙 2018」
会場:メゾンド・ネコ
   東京都中央区京橋1−6−14 佐伯ビル2階
会期:2018年9月11日(火)〜17日(月)
   12:30〜19:00(土・日・最終日は17:00まで)
出品作家:大野加奈、叶悦子、塩崎淳子、高田美苗、内藤八千代、林由紀子、前川希
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
nice!(1) 
前の15件 | -
2018年08月|2018年09月 |- ブログトップ