So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

立体授業の試作(その2) [創作人形]

2018-01-21.JPG
立体授業の試作が進みました。
「パペット」の顔と手の彩色、髪、つけまつげなどを付けました。
5回の授業で楽勝で出来ることが分かりました。

髪に付けたリボン(レース)は、オランダに住む友人が骨董市で買ってくれたもの。
やはり、普通のレースより味が出ます。
これに、服を作って取り付ければ完成です。
服に使うレースは、流石に安いものにしましょう。

口のところに「ほうれい線」のようなものがあるのは、
腹話術の人形をイメージしているためです。
江戸川乱歩の『赤いカブトムシ』の冒頭に登場する、
少女の腹話術人形のイメージです。

石塑粘土、描き目で人形を創ることの難しさを思い知らされました。
サーニットやグラスアイという素材の持つ力に、随分と頼っていたようです。

江戸川乱歩関係では、絵も描かないといけません。
一応、簡単なイメージは出来ていて、
やはり同じ腹話術人形を描こうと思います。

5月までに5〜6枚、絵を描かないといけないことになり、
ちょっと焦って来ました。


nice!(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0