So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジェオグラフィカの人形展とモーニングカード(デスカード) [展覧会]

2017-12-18.JPG
昨日は、初めて目黒のジェオグラフィカという骨董店に行きました。
お目当ては、中嶋清八さんやホシノリコさんなどなどの素晴らしい人形作家さんの人形!
骨董と人形は親和性が高く、骨董の家具の中に人形が展示されていると、家具ごと欲しくなります。

中嶋清八さんの人形、想像していたよりずっと小さく精緻でした。
中嶋さんの人形を見ると、いつも「聖女」という単語が頭に浮かびます。

ホシノリコさんは、新境地のキノコ人形も有りました♪
愛らしいキノコの子どもたち……あぁ、可愛い☆
眠り目の少女人形も清らかで愛らしく、愛でていたい。

見ていると、人形に対する制作意欲が湧いてきますが、
サーニットによる制作は、気持ちを集中して造りたいので、
今のガチャガチャした気持ちでは、なかなか取り掛かれません。


会場のジェオグラフィカは、初めて訪れましたが、
もともと古いものが大好きなので、随分長い時間滞在したような気がします。
家具などの大物だけでなく、カード類や小物もあるので、
自分の財力やスペースなどを考えても購入できるものがあるせいでしょうか。

ネットで見ていて欲しかった「モーニングカード(デスカード)」の実物を初めて見つけ、購入。
画像の左がモーニングカード、右は分かりません。
「モーニングカード」は、葬儀の際に配られたカードだそうで、
ドイツの限られた地域の習慣だったようです。

ドイツ語なのでよく分かりませんが、
裏面を見ると、20歳で亡くなったかたのカードのようです。
表面にはキリストと女性が描かれています。
上のほうには「砂時計」が描かれ、過ぎゆく時から死の象徴で、
下の「R.I.P.」は、「安らかに眠れ」という意味だそうです。
nice!(2) 

nice! 2