So-net無料ブログ作成

姉(高田明美)の個展2ヶ所巡り [展覧会]

2017-12-07-01.jpg
昨日は、ソラゼノン、カフェゼノンでクリスマスまで開催中の、姉の個展2ヶ所をまわって来ました。
2017-12-07-02.jpg
ソラゼノンの期間限定のオリジナルメニューのオムライス♪
ホワイトシチューが、バターたっぷりの風味で美味しかったです☆
ドリンクがボリュームたっぷりの分、オムライスは小ぶりでちょうどいい感じ。
2017-12-07-03.jpg
カフェゼノンでは、撮影スポットが設営されていました。
私は恥ずかしいので、基本、写真はNGです。

nice!(0) 
共通テーマ:アート

オチマリエさん、オカムラノリコさん個展 [展覧会]

2017-12-06.JPG
火曜日の昼は、貴重なギャラリーまわりの時間です。
火曜日の昼休みと3限を利用してのギャラリーまわりが、
このところの習慣になっています。

スパンアートギャラリーでは、オカムラノリコさん個展。
懐かしく、ちょっと不気味な感じも魅力!
新しい作品なのに、「誰かに愛されてきたぬいぐるみ」という雰囲気なのです。

アート★アイガでは、オチマリエさんの個展。
拝見する度に、どんどん深化、進化していらしゃいます。
こだわって展示が終わってからも加筆された髪は、
溶けるように羽衣へと移行します。

自分を見ると、なんだか創作は立ち止まっているような気がしますが、
いやいや、1年前の自分の絵からすれば大進歩!!!
絵の先輩、大先輩が心も身体も削って制作されているのを見れば、
私もこれから……と勇気がわきます。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

スーパームーン [雑感]

2017-12-04.JPG
今日、未明、今年最大のスーパームーンだというので、夜のお散歩に出ました。
月がとても明るいのはスーパームーンなので当然?
驚いたのは、星がそれに負けずに輝いていること。
星も頑張ってる!
nice!(0) 
共通テーマ:アート

お墓掃除の日 [雑感]

2017-12-03-01.JPG
これから寒くなる一方で、水を沢山使うお墓掃除には厳しくなる季節。
なんとかお墓の掃除に行って来ました。
今までもニアミスはありましたが、お墓を掃除している母と弟とバッティング。

母が大きなお供え用の花を持って来たので、
私が持って来た小さな花束は、同じ墓地にある親戚のお墓に♪
2017-12-03-02.JPG

今日は、自分の家のお墓から親戚のお墓に行くのに、珍しく迷いに迷いました。
途中、菊池寛のお墓を発見したり、変化しないように見えるけれど、
度々通えば、「このお墓の向きが変わって整備された」など気がついたり、
なかなか面白いものです。
何度行っても、新しい発見があります。


nice!(0) 

イラストレーション領域作品集『シェイクスピア』 [本]

2017-12-02.JPG
今年のイラストレーション領域の作品集『シェイクスピア』が出来てきました!
今回、課題作品が立体か半立体……という指定があったので、
既存の作品も立体(サーニット人形)で揃えました。

この作品集は、宝塚大学新宿キャンパスの行事などで配布されます。
ご興味あるかたは、オープンキャンパスなどにお越しいただければ幸いです。

学生作品のみならず、講師陣や、客員研究員である建石修志先生の作品も掲載されています♪
nice!(0) 
共通テーマ:アート

とうとう12月、とうとう描き始め [混合技法]

2017-12-01.JPG
とうとう12月になってしまいました;;
1年、あっという間。

そして、ここ2週間ほど絵を描いていなかったので、
満を持した感じで描き始めました。
久し振りに何の縛りも無く、全く自由に描いています。

タイトルは「海の星・海の月」です。
タロットの「星」のカードは「希望」を意味します。
大きな星の周りに小さな7つの星。
小さな星は「海の星」、大きな星は「海の月」。

今度の絵は、久し振りに自分で決めたテーマで描いているので、
隠れた意味を持たせています。

珍しく横長の構図です。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

年賀状 [雑感]

2017-11-30.JPG
年賀状の印刷があがって来ました。
紙のざっくりした風合いが好きで、ここ数年、
この紙で印刷してもらっているのですが、どうも選択をミスったようです。
インクを吸い込むので、どうしても色が沈むので、
少し明るめに調整したのですが、それでも沈んでしまいました。

まぁまぁ、仕方ありません。
画集に載せる時には、もっと考えましょう。



nice!(1) 
共通テーマ:アート

Enさん、樋口ひろこさん、林千絵さん、加藤龍勇さん個展まわり [展覧会]

2017-11-29.JPG
昨日は、昼休みと1限の空き時間、放課後を利用してのギャラリーまわり。
ハードで楽しい一日でした♪

Enさんは、作品集を出されるというので、本当に楽しみに行ってまいりました。
作品集は、ファンにとってはとても嬉しいものですが、
それが全てではなく、実物を見たうえで、その思いや印象を喚起させるものです。
是非、会場に足を運んで欲しいのです。
素晴らしい展示で、時間ギリギリまで滞在させていただきました。
引っ込み思案なので、普段は作家本人の在廊しない時間を狙って行くのですが、
今回は初日とあってEnさんとお会いすることになりました。
私の好きな作品を創られる作家さんに共通した雰囲気をお持ちでした。

樋口ひろこさん、このところお会いする機会がありません。
でも、作品は時々拝見していて、絵柄がどんどん変わっていくのが驚きです。
きっと、その時々に触発されるものがおありなのだと思います。

林千絵さん、本当に懐かしい絵(版画)を描かせたら右に出るものは居ないくらい。
今回、海に関連した作品がとても目を惹きました。
ご本人も自然体で、本当に素敵な女性。

展示の時間ギリギリに滑り込んだ、加藤龍勇さん個展。
ギャラリーの中よりも、外のスペースに、飲み会待機のお友達がズラリ(笑)。
愛される人柄のせいですね♪
ギャラリースペースはゆったりとして、見る側にとっては有難い。
男性は「エロくて良いね」と感想をおっしゃるかたが多いけれど、
私は「エロ」よりも「卑しいところのない」作品と思っています。
デッサンは大得意だと思っていましたが、デッサンの勉強を始められたそうです。
欲しい絵もあったのですが、汚い家にお迎えするのが憚られました。




nice!(1) 
共通テーマ:アート

作品シール、年賀状、型取り、次の構想 [創作]

2017-11-24.JPG
作品シールを切ったり、年賀状の入稿をしたり、
「テンシノヌケガラ」の3回目の型取りをしたり、次の構想を練ったりの1日。

次の展示が3月まで無いので、なんとなくのんびりしていましたが、
もう11月も終わろうとしています!!!
慌てて年賀状を入稿しました。
今月中には刷り上がります。

「テンシノヌケガラ」の型取り、納得行かず3回目のトライ。
(本当は、100均の型取り材を使ったものも含め、4回目)
経費ばかりが嵩んで行きますが、仕方ありません。

型取りで何かを複製するのは、なんだか楽しい。
調理用真空ポンプを使うと、型取り剤の中の抜けにくい泡がポコッと浮かんできます。

北見教授からヒトデ2種をいただいたので、
それをモデルにして人魚の大きめの絵を描く予定です。

作品シールを切って仕上げました。
これからは、私のタブロー作品にはこのシールが貼られます。
その他に、鉛筆での裏書きも入れます。
なぜ鉛筆か……というと、長時間たっても変質しないからです。
これは、以前、銅版画をやっていた時に聞いたことなのですが、
「インクなどでサインをすると、長期間のうちに変質して消える可能性がある」
ということです。

よく考えたら、あまりのんびりしていられません。
人形、タブロー、冊子デザイン……いろいろとやるべきことが満載です。

nice!(1) 
共通テーマ:アート

作品に貼るシール [雑感]

2017-11-23.jpg
昨日のブログの続きのようになりますが、
今までも、作品の裏側には鉛筆で署名とタイトルと制作年などは書いていたのですが、
自分の作品の来歴が残るように、作品の裏側(あるいは額縁の裏側)と、
箱がある場合は額の箱にシールを貼ることにしました。

今日は、そのためのシールをデザインしていました。

今までも、作品の裏側に署名をすることは大事だと考えておりましたが、
額装で見えなくなった場合、わざわざ額を外して署名を確認する人は居ないでしょう。

悩むのは、人形。
人形本体に署名をするのは難しい。
作品データを書いて持たせても、バラバラになる可能性が高い。
サーニットの先生は、粘土を焼いて固める前に刻印のようにハンコを押されるそうです。




nice!(1) 
共通テーマ:アート

田村吉康さん個展とオリジナル手帳の試作 [展覧会]

2017-11-22.JPG
だいたい、オリジナル手帳の試作が納得の行く状態になりました。
本当は、角金を付けたいのですが、古美仕上げの角金は手持ちのものだけ。
店舗やネットで探しても見つかりません。
金ピカの角金を付けるか……。
(補足:今、ネットで見つけて発注しました♪)

この試作が日の目を見るかは、教授次第。
試作は好きなので、日の目を見なくても良いのですが……。


そして、昨日は新宿タカシマヤ美術画廊で開催中の、
田村吉康さんの個展に伺ってまいりました。

いつもは「たらしこみ」の技法で描かれる着物ですが、
ユリコタイガーさんがモデルをされている大作では、
丹念に着物の地模様から柄まで描かれていました。

「着物の意匠にも権利があるのですが、
タカシマヤさんのご協力で特別に描かせていただきました」
といった趣旨のことをおっしゃられました。
普段、私は和服を描かないので意識したことがありませんでしたが、
本当に納得させられる言葉でした。

Twitterなどでは、時たまバズるようなことを発言されますが(笑)、
お話するときには、とても優しく、気を遣ってくださるかたです。
海外で活躍されていらっしゃるので、
実際に権利関係など厳しく考えていらっしゃることもありますが、
何より、他のクリエイターに対する尊敬の念を強く持ち、
他者の仕事を大切に考えていらっしゃるのがわかりました。


先般は、コレクターのかたから、
「どれだけ時間がたっても、自分の作品の来歴が分かるようにしておいたほうが良い」
と言う主旨のご助言を受け、それも心に響きました。
自分の作品が100年も200年も残ることを考えたことがありませんでした。
今、作品を気に入ってくださった方が生きていらっしゃる間、
作品が劣化しないように心がけてはいたのですが、
コレクターも私も死んでしまった後に作品が残ることは考えていませんでした。
そんなに大事に思ってくださったことに感謝しています。


「他者の仕事に敬意を払い、大切にする」ということを、
このところ考えさせられています。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

次の企画に向けて試作中☆ [展覧会]

2017-11-20.JPG
まだ、ぼんやりとした企画ですが、次の企画に向けて試作中です。
「お金が無いなら労力をかけて」という事で、なんとかならないかなぁ……。
お金をかければ良い物が出来るのは当たり前。
手で作らないといけないので、手で作った良さが出ないと……。
nice!(2) 
共通テーマ:アート

たたき筆! [混合技法]

2017-11-19.JPG
私は物欲が薄いほうなのですが、画材だけは欲しいのです。
新たに使えそうな画材があると、本当に嬉しくなります♪
今日は、フィギュア材料売場あたりをうろついて……見つけました!
混合技法では、画面に薄く平滑に油絵具を乗せるために「たたき筆」が必須です。

左から2本は、パステル用の筆。
柔らかくて、キレイな平滑が得られる。
毛が抜けやすい。
「Sサイズ」でも右側の太さなので、細かい作業に向かない。

3本めは、ステンシルブラシ。
毛が硬いので、きれいな平滑にはなりにくい。

4本目は、刷り込み刷毛。
ステンシルブラシより柔らかい。
毛は切れたり抜けたりしやすい。
太いものから細いものまである。
毛を挟んでいる竹の部分が細かいところを見るのに邪魔。

そして今日見つけたのが、右4本の、
プラモデルやフィギュア用のウェザリング用のドライブラシ。
まだ、使っていませんが、ステンシルブラシよりは柔らかいです。
右2本はとても細いので、もしかしたら上手く使えるかも……というところ。
ハードとソフトがあります。
nice!(2) 
共通テーマ:アート

新築工事説明会&本日「箱舟の教室派展Ⅲ 」Part 2初日です [雑感]

2017-11-18.JPG
昨日、夜、近所に出来るマンションの新築工事説明会に行って来ました。
新築する建物の20メートル以内に居住する人には、説明会の告知が必要なのだそうです。
私と同じマンションのかたもいらしているかな……と思ったら、
どなたもいらっしゃいませんでした。

武蔵野市で義務付けられている敷地の20パーセントの緑化は、
屋上緑化と壁面緑化でクリア。
屋上緑化は分かりませんが、壁面緑化は余程メンテナンスが良くないと維持できません。
時間とともに、枯れて残念な感じになります。
最近のマンションで、細い敷地に育つはずがないような木が植えられているのもそのため。

今年の3月までマンション管理組合の理事長をしていた関係で、
結構、こういうことには興味津々。
街を歩いていても、「このマンションは管理が悪い」とか、
「古いけどしっかり管理されている」とか気になります。

理事長とか面倒で嫌でしたが、無理やり勉強したお陰で少し世界が広がりました。


さて、私がお手伝いさせていただいている建石修志先生の混合技法講座
「箱舟派」の教室展のパート2が本日初日です。
パート2には私は出品しておりませんが、「教室展」とはいえ、
プロの画家さんが多く、見ごたえ充分だと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「箱舟の教室派展Ⅲ 」Part 2

会場:青木画廊(銀座)
会期:2017.11/18(土)~2017.11/24(金)
11:00~19:00 日曜12:00~18:00 最終日17:00迄
Le groupe nommé LA CLASSE D'ARCHE
“箱舟の教室派”展III PART2(13名)

蒼木ランプ/浅野勝美/雲母りほ/大国孝正/大栗昭彦/篠塚はるみ/田中千枝
ナカムラサオリ/真木環/松波惇/ミズシマシゲル/村岡暁子/山川本綱


様々な画材、技法、様式が混在する現在にあって、
敢えて油彩とテンペラ・樹脂絵具による混合技法を手法として選び、
自らのマニエラを櫂としながら、想像力を十全に羽ばたかせる、
これは我々の航海日誌である。
想像力は箱舟から放たれる白き鳩であり、我々乗組員の羅針盤でもある。
建石修志のもと“箱舟の教室”で研鑽して来た我々の三回目の航跡である。

PART1、PART2合わせて、
25名による共通課題テーマ「肖像」を含む70点ほどの作品展示。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

「第43回現代童画会」と「CreamyXmas2017」 [展覧会]

2017-11-16.JPG
昨日、よく晴れた気持ちのいい一日、上野で開催中の
「第43回現代童画会」に行ってまいりました。
宝塚大学新宿キャンパスのイラストレーション領域の北見隆教授が
ゲストとして出品されていたり、
混合技法講座の受講生のかた、いつもお世話になっている先生、
縁のあるギャラリーのオーナーなどが出品され、何かと繋がりのある団体展です。
丁度、同じ東京都美術館で「ゴッホ展」が開催されていましたが、
シルバーデーで65才以上は入場無料とあり長蛇の列。
「ゴッホも良いけれど、普段から無料で、並ばなくてもじっくり見られる良い展示もあるのになぁ……」などと思ったり。
でも、きっと、お友達と待ち合わせて、楽しみに出かけていらしたのなら、
それもまた良いことかもしれません。

そして、年末恒例となった姉の高田明美の個展「CreamyXmas」♪
今年は、吉祥寺のカフェゼノン、ソラゼノンの2ヶ所での開催。
年に何度もの個展や海外イベントへの参加の姉は、
密かに尊敬している部分もあります。
私など、展示を休まないと個展用の作品は溜まりません;;
nice!(0) 
共通テーマ:アート