So-net無料ブログ作成

栗ご飯 [料理]

2017-09-11.JPG
秋なので、栗ご飯。
包丁をピンピンに研いであるので、栗が剥きやすい♪

初めて作った つゆだく肉じゃが、それに揚げ出し豆腐。
う〜ん、こうしてみると、生野菜が無い!!!
トマトを買ったのに食べるの忘れてた!!!

今まで、普通の 肉じゃが しか作ったことがありませんでしたが、
実際に つゆだく肉じゃがを作ってみると、
普通のものより砂糖や他の調味料の使用量が格段に少ない。
身体のことを考えれば、つゆだくの方にするのが良いかもしれません。

お菓子でもそうですが、ことに洋菓子の場合、
実際に作ってみると、いかに砂糖などを沢山使うか分かります。
時間が無いと、買ってきたおかずで済ませることが多くなりますが、
材料を買って作ると、隠れたカロリーや糖質などを知ることが出来て良いですね。

揚げ出し豆腐と焼き餃子の羽は、断然、片栗粉派です。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

白ゴーヤチャンプルー [料理]

2017-08-13-01.JPG
真っ白でキレイなゴーヤを手に入れたので、
白ゴーヤチャンプルー♪
箱根の窯で自作した白い器に盛って。
2017-08-13-02.JPG
ゴーヤチャンプルーは、夏になると、度々、食卓に登場します。
あぁ、沖縄行きたい!!!
nice!(0) 
共通テーマ:アート

色々トマト♪ [料理]

2017-04-20.JPG
近所のマルシェで、いろいろな色のトマトを
ひとパックにしたものが売られていたので、
面白いので買ってみました♪
食べ比べてみると、意外なことに緑色のものが一番甘かった☆

料理は結構好きです。
でも時間がないと、ついつい作るのも食べるのも簡単な
ご飯物、麺類が多くなってしまいます。
それも太る原因;;

nice!(1) 
共通テーマ:アート

吉祥寺はパンケーキ激戦区になったそうで…… [料理]

2017-01-25.JPG
吉祥寺はパンケーキ激戦区になったそうです。
フワッフワでした♪
一番の見所は、そ〜〜〜っと運んで、サッとテーブルに下ろして、速やかに去って行く店員さん(笑)。
テーブルに置いた時点で倒れていなければ、店員さんの責任は無し☆
案の定、早々とパンケーキの斜塔は倒れました。

nice!(1) 
共通テーマ:アート

ミンスパイ [料理]

2016-12-19.JPG
「グレーテルのかまど」が好きなもので、番組に出てくるお菓子を食べてみたくなります。
今回、買ってみたのが(作ってみない!!!)、「ミンスパイ」。
イギリスのクリスマスに欠かせないというお菓子。

この歳まで生きていると、材料と作り方がわかると、だいたいの味は想像がつきます。
うん、思った通りの味でした(笑)。

nice!(0) 
共通テーマ:アート

遅ればせながらのハロウィン [料理]

2016-11-02-02.JPG
遅ればせながらのハロウィン料理です。
最近、流行っているとのことで、頭蓋骨の模型に生ハム巻き。
自分アレンジとしては、皮膚にスライスチーズ♪
目玉は、うちにいくらでもあるグラスアイです。
苦手な人は、ここまで。
大丈夫な人は、スクロールで☆
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
2016-11-02.JPG

nice!(0) 
共通テーマ:アート

アリスのお店で打ち上げ♪ [料理]

2016-10-22-01.JPG
このところ、宝塚大学新宿キャンパスのイラストレーション領域は、展示でも作品集でも「アリス」に関連するものが沢山!
先日開催された「新宿クリエイターズ・フェスタ2016」でも、「新宿ワンダーランド」ということで、アリスをテーマにした展示が行われました。
そして、その打ち上げもアリス関連のコンセプトレストランで。
2016-10-22-02.JPG
学生は、みんな、アリスみたいに可愛い女の子達♪
2016-10-22-03.JPG
このスープを飲んで、みんな、背が5センチに縮みました(笑)。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

ベルギーワッフル食べ比べ [料理]

2016-10-11-01.JPG
ベルギーワッフルには2種類あるのをご存知でしょうか?
私が、それを知ったのは、「ロケみつ」(関西の番組です)の「ヨーロッパ横断篇」でした。
日本でもポピュラーになった丸くてもちもちで表面カリッとの「リエージュタイプ」と、四角くてフワパリッと軽い「ブリュッセルタイプ」。
「ロケみつ」の旅の主人公の早希ちゃんは、「リエージュタイプ」が断然好きだと言っていましたが、私は「ブリュッセルタイプ」かなぁ。
「ブリュッセルタイプ」は甘みが薄いので、トッピングをたっぷりしてしまうと生地の味が感じられません。
シンプルにバターのみとか、生クリームのみのトッピングにすると、その美味しさがわかります♪
2016-10-11-02.JPG
焼き立てにパウダーシュガーと生クリームのみのトッピング、最高でした!!!
nice!(0) 
共通テーマ:アート

アマトリーチェ、アマトリチャーナ [料理]

2016-09-06.JPG
8月24日のイタリア中部地震で最大の被災地となったアマトリーチェは、パスタ料理「アマトリチャーナ」発祥の地だそうです。
イタリアのレストランで始まった、パスタを食べてイタリアの被災地を支援する動きが日本でも広がっています。
昨日は、ささやかながら募金をしようとアマトリチャーナを食べて来ました。
これで、2ユーロを被災地に寄付できます。

イタリアは、私の創作活動に大きな影響を与えてくれた国。
これは協力しないと……と。

後からよく考えると、食べずに飲食代にあたる金額を全額寄付したほうが、現地に沢山の寄付金を送れることに気が付きました!!!
でも、今まで行ったことにないレストランに入る未知の経験をする喜びを感じつつ、イタリアのためにもなるのですから、それも良いのかもしれません。

nice!(1) 
共通テーマ:アート

ガレット・デ・ロワ [料理]

2016-01-03.JPG
昨日は、実家に行きました。
お土産に「ガレット・デ・ロワ」(アーモンドクリームのパイ)を持って行きました。
「ガレット・デ・ロワ」はキリスト教の公現祭(1月6日)で食されるお菓子です。

神戸屋キッチンでは、ホールのガレット・デ・ロワには「フェーヴ」と呼ばれる陶器の小さな玩具が付属しています。
本来は、お菓子の中に埋め込んで焼かれるものなのですが、誤飲の事故防止の為に、神戸屋では別添にしてあり、お菓子にはフェーヴの替わりに栗が埋め込まれています。
これを引き当てた人は、その日1日、王様になれる……というものです。

昔、美大の受験の為に通っていた絵画教室では、料理上手、お菓子作り上手な先生のお母様が、季節にあったお菓子を作ってくださいました。
新年には「ガレット・デ・ロワ」を焼いてくださいました。
とてもモダンなご家庭で、物珍しいお菓子や料理の知識はこの教室で得たものが多いのです。

ネットで調べた所によると、去年の神戸屋のガレット・デ・ロワには天使の人形が入ったようで、買い逃して残念;;

何年か前から、セブン-イレブンでもガレット・デ・ロワが売られるようになりました。
未だ、「フェーヴ」の存在はあまり一般に知られていないようですが……。
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理