So-net無料ブログ作成
検索選択

『クーロンズゲートVR』クラウドファンディングのリターン [創作]

2017-06-25.jpeg
私がお世話になっている宝塚大学新宿キャンパスのゲーム領域の教授陣が、
PlayStationVR用『クーロンズゲートVR』の制作のために、
昨年、クラウドファンディングで資金を調達されました。
私も、微力ながら支援させていただいたのですが、
その「リターン」が今日届きました。
「リッチ妄人マグカップ」です♪

ゲーム機を持っていないので、プレイできないのが残念ですが、
絶対に、私の好きな世界☆

クラウドファンディングで支援させていただいたのは、今回が2回目。
1回目は人形作家•清水真理さんのが人形制作された劇場用ダーク•ファンタジー映画
『Alice in Dreamland アリス•イン•ドリームランド』映画製作費支援でした。
その時も、凄いリターンをいただきました。

2回とも、目標額を楽にクリアできるほどの人気のクラウドファンディングでした。





nice!(0) 
共通テーマ:アート

ジュリエット、ほぼ完成☆ [創作]

2017-06-14-01.JPG
遅々として進まなかったジュリエット像ですが、ほぼ完成しました。
ジュリエットのイメージですが、オリビア・ハッシーとクレア・デインズの中間でしょうか?
翼を背負わせました。
2017-06-14-02.JPG
「翼」と言えば、以前、ミラノの墓地で見た天使の翼が、あまりに見事で心に残っています。
2017-06-14-03.JPG
宝塚大学新宿キャンパスのイラストレーション領域で毎年出版している作品集に掲載予定です。
誌上では、1枚しか画像が載せられないので、折角創った翼ですが、あまり見えないと思います。
いずれ、展示の機会もあるかもしれませんので、その際には、是非、御覧くださいませ。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

タイトルは「幼き恋」です [創作]

2017-05-23-01.JPG
石塑粘土で作った身体に、しつけ糸の髪の毛、綿ブロードの衣装。
上からジェッソを塗ってやれば、石膏像のように(笑)。
まぁ、「ジェッソ」という言葉自体「石膏」ということなので、当然といえば当然。
何回かジェッソを塗り重ねて、汚しを入れて仕上げる予定。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

ジュリエットに見えますか? [創作]

2017-05-22.JPG
ジュリエットに見えますか?

これに、透明のサーニット(樹脂粘土)で羽を創ります♪

創り直して良かったです。

nice!(0) 
共通テーマ:アート

やり直し! [創作]

2017-05-21.JPG
時間がなく、構想をしっかりと練る時間をとらずに、
創り始めてしまった立体作品。
どうしても形にならないので……やり直し;;
まぁ、最初の失敗作が無ければ、
アイデアも浮かばなかったので、良しとします。

時間がないので、このまま荒仕上げで行くか、
磨いてきれいにするか……。
またも悩んでいます。

兎に角、サーニットで人形を創るようになったので、
石塑粘土でも形を取るのが早くなった気がします。
何事も、無駄では無いと信じて。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

ヴェローナ♪ [創作]

2017-04-06.JPG
ムッシーニのヴェローナグリーンを買いました♪
ムッシーニの中では安い方。

ヴェローナ繋がりで、「ロミオとジュリエット」の進展。
こうして画像で見てみると、問題点が分かって来ます。
上手く造形できるかは分かりませんが、理想に向けて制作。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

「ロミオとジュリエット」進行状況 [創作]

2017-03-28.JPG
「ロミオとジュリエット」の進行状況。
ロミオも少し進みました。
男性は創り慣れていないので、うまく行っているのかよく分かりません。
顔以外はザックリと仕上げて、メタルエンボッシングで装飾する予定です。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

「シェークスピア」の為の立体作品 [創作]

2017-03-27-02.JPG
毎年、宝塚大学新宿キャンパスのイラストレーション領域で出版している作品集に掲載する為の立体作品を創り始めました。
学生の作品と並んで、自分の作品が掲載されるので、密かに毎年、力を入れています。

今回はお題が「シェークスピア」なので、その中からベタですが「ロミオとジュリエット」♪
久し振りに、(先日の陶芸を除いて)粘土をいじっています。
今回は、ウッドフォルモで創っています。
人形はずっとサーニット(樹脂粘土)で創っていたので、少々、勝手が違います。
目指す造形はベルニーニなのですが、そうは上手く来ません;;

なんだか、粘土いじりは無心になれますね。
粘土とメタルエンボッシングを使って、仕上げる予定です。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

朝日新聞に、カテリーナ・ロッキさんの記事♪ [創作]

2017-03-05.jpg
2月21日の朝日新聞朝刊に、カテリーナさんの記事が掲載されました。
カテリーナさんと言えば、田村吉康さんとともに、今年の1月に、
宝塚大学新宿キャンパスで特別授業をしてくださったかたです。

カテリーナさんは、故郷イタリアのルッカに、
10代でマンガスクールを開講したバイタリティー溢れる女性です。
……と聞くと「ヤリ手」な感じがしますが、
ご本人にお会いしたところ、おっとりした雰囲気の女性でした。
「今は、自分が描くより、教える方に力を入れたいと思います」
とおっしゃっていましたが、
人を思いやれる優しい心を持ったかたなのだと思います。

ルッカは「進撃の巨人」の舞台のように、古い城壁に囲まれた美しい都市です。
毎年、マンガとゲームの大きなイベントが行われています。
カテリーナさんが若くしてマンガスクールを創設されたのも、
そういう地盤や偶然がもたらしたものなのですね。



nice!(0) 
共通テーマ:アート

田村吉康先生、カテリーナ・ロッキ先生特別授業 [創作]

2017-01-18.JPG
※フィリッポ・リッピの絵と並んで展示された田村先生のタブロー。

本日、宝塚大学新宿キャンパスでは、田村吉康先生、カテリーナ・ロッキ先生の特別授業が行われました。

田村先生による、古の時代からコンテンポラリーアートまでをの流れのお話はとても興味深く、私も惹き込まれました。
流石、コンテンポラリーアートの中心に身を置かれている作家さんだけあって説得力がありました。

写実表現が写真の登場によりアートの中での価値を少し下げたお話については、個人的に質問してみたいこともありましたが、学生が主役の大学の場でもあるために遠慮しました。
海外のアートコレクターが知的な遊び(?)としてアートを位置づけているお話からは、自分の絵は(表面上はどう見えているかは別として)根底はアール・ブリュットに属するものでは無いかと感じました。

カテリーナ・ロッキ先生は17歳でマンガスクールを創設されましたが、その若さで成し遂げられたことが突拍子もないと思っていましたが、必然の流れであったことも分かり納得!

アーティスト志望の在校生、卒業生にとって、とてもいい刺激になった一日でした。
講義の時間が足りなく感じました。
もっと聞いていたかったです。

nice!(0) 
共通テーマ:アート