So-net無料ブログ作成

トンドが好きになりました [混合技法]

2018-06-10.jpg
ギャラリー オル・テールの企画展「トンドの夢想家達」展に、
毎年、参加させていただくうちに「トンド」が好きになりました。

「トンド」というのは「円形」ということで、
ルネサンス期にイタリアで愛好された絵画の形式です。

私はどうも、洋画で一般的に使われるキャンバスの縦横比の規格「F」」が苦手です。
正方形や、長めの長方形、円形のほうが描きやすく感じます。

混合技法では、キャンバスではなく板に描くので、
縦横比は自由に変えられます。
額縁の心配さえしなければ、どんな形の板に描いても良いのです。

というわけで、また、円形の板3枚に下塗りをしました。
一番小さな板には、花一輪を描きたいと思っています。
ただ、普通に花を描いただけでは自分の世界観にならないので、
どう料理しようかと、ぼんやりと考えています。
nice!(1) 
共通テーマ:アート