So-net無料ブログ作成

サンリオ時代 [雑感]

2018-03-22.JPG
大学を卒業して、すぐにサンリオに就職しました。
配属された制作室(デザイン部門)は、ほとんどが若い女子で、
思い返せば、大学の延長のような華やかな時代だった気がします。

入社試験では、会場に向かうエレベーターで辻信太郎社長と一緒になり、
重い作品ファイルを持っていただいた事を思い出します。
「重いでしょう」という感じに、サッと持ってくださったので、
お断りする暇もありませんでした。
(社長に荷物持ちさせて、よく合格したものです!)

同じ制作室に配属された人たちとは、今でもたま〜に会うことがあります。
その中でも、比較的ひんぱんに会う友達が居ます。
今はオランダ在住ですが、時々、日本に帰って来ると、
一緒にワークショップに出かけたり、手芸の見本市に行ったり、
食事をしたり、随分長いお付き合いになりました。

画像は、先ごろ送ってくださったオランダのカード♪
長い友情を祝って、送ってくださいました。
なんだかチューリップみたいに可愛いカードです。

nice!(0) 

nice! 0