So-net無料ブログ作成

新築工事説明会&本日「箱舟の教室派展Ⅲ 」Part 2初日です [雑感]

2017-11-18.JPG
昨日、夜、近所に出来るマンションの新築工事説明会に行って来ました。
新築する建物の20メートル以内に居住する人には、説明会の告知が必要なのだそうです。
私と同じマンションのかたもいらしているかな……と思ったら、
どなたもいらっしゃいませんでした。

武蔵野市で義務付けられている敷地の20パーセントの緑化は、
屋上緑化と壁面緑化でクリア。
屋上緑化は分かりませんが、壁面緑化は余程メンテナンスが良くないと維持できません。
時間とともに、枯れて残念な感じになります。
最近のマンションで、細い敷地に育つはずがないような木が植えられているのもそのため。

今年の3月までマンション管理組合の理事長をしていた関係で、
結構、こういうことには興味津々。
街を歩いていても、「このマンションは管理が悪い」とか、
「古いけどしっかり管理されている」とか気になります。

理事長とか面倒で嫌でしたが、無理やり勉強したお陰で少し世界が広がりました。


さて、私がお手伝いさせていただいている建石修志先生の混合技法講座
「箱舟派」の教室展のパート2が本日初日です。
パート2には私は出品しておりませんが、「教室展」とはいえ、
プロの画家さんが多く、見ごたえ充分だと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「箱舟の教室派展Ⅲ 」Part 2

会場:青木画廊(銀座)
会期:2017.11/18(土)~2017.11/24(金)
11:00~19:00 日曜12:00~18:00 最終日17:00迄
Le groupe nommé LA CLASSE D'ARCHE
“箱舟の教室派”展III PART2(13名)

蒼木ランプ/浅野勝美/雲母りほ/大国孝正/大栗昭彦/篠塚はるみ/田中千枝
ナカムラサオリ/真木環/松波惇/ミズシマシゲル/村岡暁子/山川本綱


様々な画材、技法、様式が混在する現在にあって、
敢えて油彩とテンペラ・樹脂絵具による混合技法を手法として選び、
自らのマニエラを櫂としながら、想像力を十全に羽ばたかせる、
これは我々の航海日誌である。
想像力は箱舟から放たれる白き鳩であり、我々乗組員の羅針盤でもある。
建石修志のもと“箱舟の教室”で研鑽して来た我々の三回目の航跡である。

PART1、PART2合わせて、
25名による共通課題テーマ「肖像」を含む70点ほどの作品展示。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

nice! 1