So-net無料ブログ作成

「ネコ展」額装と、「飴屋晶貴個展」「Alice2017」 [展覧会]

2017-07-15.JPG
今日は、金継の講座を受けるために早い時間に家を出ましたが、
キャンセル扱いになっていて講座を受けることが出来ませんでした;;

軽くショックを受けつつ、それでもギャラリー回りの時間が出来たので、
ギャラリー オル・テールで開催中の飴屋晶貴さんの個展を目指しました。

さて、ギャラリーに到着……というところで、
車2台の出会い頭の事故に遭遇!!!
脇道から出て来た車がブレーキをかけるでも無く、
もう1台の横腹に当たり、バリバリと前進。
あまりの暑さに、運転手さんは、ぼうっとしていたのでしょうか?
車のフロントが大破。

ショックを受けつつ、ギャラリーに入ってその話をすると、
オーナー婦人が、「巻き込まれなくて良かった」と言ってくださり、
「あぁ、ただ道を歩いているだけでも、そういう危険だってあるんだ」と、
改めてゾッとしました。

昨日、素晴らしい絵を描かれる作家さんの訃報を聞いたばかり。
人の命は、本当に偶然で撚られた細い糸のように、
儚く永らえているだけなのかもしれないという思いにかられました。
だとしたら、もっと真剣に、追われる気持ちで絵を描かないといけません。

そして、飴屋晶貴さんの鉛筆画。
ほんの3〜4年前に鉛筆画を始められたばかりという50歳くらいのかた。
勿論、才能は元々あったにしても、短期間で素晴らしい鉛筆画の世界を創られていました。
若い人ならば、そういうこともあるかと思いますが……。
まだまだ私も進歩の可能性があるという元気をいただきました。

その後、六本木ストライプハウスギャラリーの「Alice2017」へ。
こちらも、素晴らしい作家さんばかりの展示。
初めてお会いした小川クロさんとも、
私がお世話になっている大学の卒業生を橋渡しにして、
しばらくお話できました。

2年後くらいの画集出版のご縁をくださった古川沙織さんも在廊されて、
いつものように親切な助言をくださいました。

混合技法講座の高橋千裕さんの人魚にも目を奪われました。

なかなか勤務以外で外出する機会が減ってしまいましたが、
ただ作品を見るだけでなく、作家さんたちの生き様を感じることができるので、
展示を見に行く機会を逃さないようにしなくては……。

額装も終わり、さて、明日は、「ネコ展」の搬入です。
本当は、あまり安い額縁は良くないですね。
鉛筆画の額縁は良いものですが、タブローのほうは安い額縁です。
nice!(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0